運用サイトの規模で選ぶ | 会社の重要な文書は電子化するのがベスト|クラウドでできる販売管理

会社の重要な文書は電子化するのがベスト|クラウドでできる販売管理

男性

運用サイトの規模で選ぶ

レディー

wordpressの専用サーバーには、通常のレンタルサーバーと、クラウドサーバーの2つを選ぶことができます。通常のレンタルサーバーは、料金も定額で利用することができるので、多くの人に選ばれています。wordpressのレンタルサーバーは、プランによって利用ができるディスク容量が限られています。安いプランですと容量が少なくなり、逆に高いプランとなれば自由に使える容量を多く得ることができるでしょう。規模の小さいサイトを運営したいとする人や、利用料金の節約をしたいとする人であれば、安いプランを選ぶのが最適です。ビジネス目的でより機能性の高いサイトを運営したい場合なら、ディスク容量の大きい高いプランを選びましょう。

クラウドサーバーによってwordpressを管理するメリットは、一般的な専用サーバーよりも格安で利用ができるという点にあります。クラウドサーバーは、使用メモリの増加などによって価格が上下するため、初めたばかりであれば非常に安い値段で利用することができます。初めてwordpressを使用する会社であれば、リスク回避のために安い費用から始めたいと考えるでしょう。通常の専用サーバーよりも安い価格で始められるので、試しに利用したいと考えているならば、クラウドサーバーを選ぶ方がよいでしょう。

wordpress用のレンタルサーバーは、ランキングサイトやサーバーごとの比較サイトなどで多く紹介されています。どの会社のサーバーを選ぶべきか、このようなサイトから調べておきましょう。